So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

<上野動物園>ニホンザル1匹が逃走 園外での目撃情報も(毎日新聞)

 東京都台東区の上野動物園で24日、「北限のサル」として国の天然記念物に指定されている青森県下北半島のニホンザル1匹が逃げ出した。同日、一般公開されたばかりで、園外での目撃情報もあり、同園や上野署が捜している。

 同園によると、同日午前9時半ごろ、一般公開のため北限のサル23匹が園内のサル山に放された。その際、うち1匹が高さ約4.5メートルある垂直の壁を駆け上ってサル山から逃げたという。

 下北半島では、北限のサルの生息数が増え、農産物への被害が深刻化。青森県むつ市が捕獲に乗り出したことを知った同園が昨年4月、同市から譲り受けた。その後は園内の別施設で飼育されていた。

<小沢幹事長>滞在先のホテル 大勢の報道陣が詰め掛ける(毎日新聞)
首相動静(1月24日)(時事通信)
アライド代表社員に懲役4年求刑 FX無登録営業で出資金詐取(産経新聞)
三洋電機 ブラウン管テレビをリコール(毎日新聞)
ゴルフ場荒らし、小5長男に「人来たら教えてな」(読売新聞)

<窃盗容疑>ペンギン盗んだ業者逮捕 動物園でバッグに(毎日新聞)

 動物園のフンボルトペンギンを盗んだとして、長崎県警西海(さいかい)署は27日、福岡市西区女原のペットショップ店長、本田旭容疑者(24)を窃盗の疑いで緊急逮捕した。

 逮捕容疑は、27日午後3時半ごろ、長崎県西海市西彼町(せいひちょう)中山郷の長崎バイオパークで飼われていたフンボルトペンギン1羽(40万円相当)を盗んだとしている。本田容疑者は「取りました」と容疑を認めているという。

 同署によると、同園周辺を警戒中の捜査員が挙動不審だった本田容疑者に職務質問したところ、持っていたキャリーバッグの中にフンボルトペンギン1羽がいるのが見つかったという。【蒲原明佳】

【関連ニュース】
車上荒らし:巨人・加治前選手、ゴルフバッグなくなる
窃盗:高級貝タイラギ、大量になくなる 佐賀の海で養殖
万引き:千葉県警の警部逮捕 茨城の店で人形盗んだ疑い
窃盗:給与900万円盗まれる 名古屋の飲食店
銀座貴金属店窃盗:警視庁、香港警察と本格的な情報交換へ

鈴木宗男氏また検察批判「やり方が公平ではない」(産経新聞)
元検事「全証拠検討した」=「無実の罪着せた」と菅家さん(時事通信)
スギ・ヒノキ花粉の飛散量 昨春の3割(産経新聞)
「堂島ロール」販売会社を提訴=商標権侵害と、神戸の大手製菓−地裁(時事通信)
普天間移設争点、名護市長選が24日投票(読売新聞)

小沢氏疑惑 閣僚反応 前原「事情聴取応諾は大変結構」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は19日朝、民主党の小沢一郎幹事長が東京地検特捜部の参考人聴取に応じる意向を示したことについて、「私の方に連絡はない」と述べるた上で、「(聴取を)受けるか受けないかは小沢幹事長ご自身が判断し、ご自身の判断で結論を出すべきだ」と指摘した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 同日の閣議後の記者会見では、閣僚から小沢氏の問題に関する発言が相次いだ。国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は「小沢氏は潔白だということで(東京地検と)対決しているので、事情聴取には応じるのではないか」と指摘。一方、野党が小沢氏らの参考人招致を求めていることについては「国会議員が探偵ごっこをしたって仕方がない」と述べた。

 前原誠司国土交通相は「国民にしっかりと説明責任果たすために事情聴取に応じられるのは大変結構なこと。説明責任を果たしていただきたい」。長妻昭厚生労働相も「節目節目で必要があれば本人の判断で説明をするということだと思う」と述べた。

 一方、中井洽国家公安委員長・拉致問題担当相は「特捜の権限なので批判をするつもりはさらさらないが説明責任はある。何の事件か分からないというのが率直な感想だ」と述べた。警察行政のトップが検察の手法に疑問を表明するのは異例だ。中井氏は小沢氏の進退について「別に今、小沢さんが起訴されているわけでも何でもない。お辞めになるべきだとは思っていない」と指摘した。

 検察の捜査に対する指揮権を持つ千葉景子法相は「一般的に指揮権が私のもとにあることは承知している。個別に行使する、しないはコメントすべきではない」と述べ、検察当局に指揮権を発動する可能性を否定しなかった。

【関連記事】
「品性に欠ける」民主検察批判チームに自民大島氏
「反小沢」マグマ蓄積 世論調査に民主は動揺
小沢氏説明の銀行出金は原資に足らない3億円 聴取応じる意向
「天の声」期待 秘書を接待漬け “実弾”攻勢
加速する民主離れ 産経新聞・FNN世論調査

交番の警官が現金抜き取り=落とし物の財布から−神奈川県警(時事通信)
<小沢幹事長>滞在先のホテル 大勢の報道陣が詰め掛ける(毎日新聞)
ネットワーク構築、粘菌に学べ=効率、首都圏の鉄道網並み−北大など(時事通信)
11年度以降は拒否=子ども手当の地方負担−知事会議(時事通信)
日米安保改定50年 同盟むしばむ普天間問題(産経新聞)

弁護側、減刑求め結審=性犯罪初の裁判員裁判の二審−仙台高裁(時事通信)

 性犯罪を初めて審理した裁判員裁判で強盗強姦(ごうかん)などの罪に問われ、一審青森地裁で懲役15年とされた無職田嶋靖広被告(23)の控訴審第1回公判が20日、仙台高裁(志田洋裁判長)であった。控訴した弁護側が減刑を求め、即日結審。判決は2月17日に言い渡される。
 弁護側は、問われたうち、少年時の強盗強姦事件は「強姦前に金銭要求の行為はなく、犯行状況から強盗強姦罪は成立しない」などと減刑を訴え、検察側は「襲いかかる直前に強盗を考えていた」として控訴棄却を求めた。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
【特集】裁判員制度
強盗殺人容疑で59歳男逮捕=靴底に被害男性の血か
強盗殺人容疑で男再逮捕へ=マンションで男性殺害
ほかにも男2人が関与か=11年前の男性殺害

<松下参院議員>自民に入党…参院選公認候補へ(毎日新聞)
<東京メトロ>有楽町線で火花 一部で運転見合わせ(毎日新聞)
<訃報>山口光子さん67歳=ギャラリー山口社長(毎日新聞)
新型ワクチン余る公算、解約交渉も検討−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
死の「度胸試し」9階手すりから高1転落(読売新聞)

<足利事件再審>菅家さん「つらかった」 録音テープ再生(毎日新聞)

 「どうしてあんなことをしゃべってしまったのか。自分の声を聞くのはつらい」。宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で21日開かれた足利事件再審第4回公判で、6時間に及ぶ取り調べ録音テープを聞いた菅家利和さん(63)は、18年前の記憶を鮮明によみがえらせた。公判後の記者会見では感情を高ぶらせる一方、「無実を分かってもらうために再生してもらった」と複雑な胸中を明かした。【岩壁峻、松本晃】

 テープには、事件への関与を問いただす森川大司(だいじ)・宇都宮地検検事(当時)と、身に覚えのない追及に言葉を詰まらせ、すすり泣く菅家さんが克明に記録されていた。

 足利事件とは別の女児殺害事件で、否認から再び「自白」に転じる場面が再現されると、法廷の菅家さんは体調不良を訴え、席を一時外した。「本当はテープを聞きたいと思っていなかった」と苦しみを語る。

 逮捕後、足利事件を初めて否認した92年12月7日の取り調べ。「やってません」「全然かかわっていません。絶対言えます」と精いっぱい答えた。しかし、検事に「君、裁判所(初公判)ではね、この事件は間違いないと認めたでしょ」「それはなぜ?」「弁護士さんにはなんと説明していた?」と詰め寄られ、意気消沈した。

 菅家さんは「検事は『正直に話してくれ。やっていないならそれでいい』と言うが、『やった』と言うまでは『そうか』と言って(解放しては)くれない。だから仕方なかった」と厳しい表情を見せた。

 22日午後は、森川元検事の証人尋問が予定されている。「テープは黙って聞いていたが、言いたいことは山ほどある。なぜ犯人にしたのか。(検事も)私が無実ということは知っている。絶対に許さない」と語気を強めた。

【関連ニュース】
足利事件再審公判:聴取テープを再生 菅家さん否認の別件
足利事件:取り調べテープ再生 21日から再審公判
足利事件:菅家さん 古里の寺で除夜の鐘を突き年越し
死刑執行:09年は7人、08年から半減 現政権下はゼロ
足利事件:DNA鑑定「問題なかった」…公判で科警研所長

日医会長選、茨城・原中会長がマニフェスト発表(医療介護CBニュース)
「日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい」認知度は4割未満(医療介護CBニュース)
歌会始の儀・来年は「葉」(産経新聞)
<雷保護装置>発煙・発火で152万個リコール(毎日新聞)
小沢氏批判の金属弾入り封筒、民主党とテレ朝に(読売新聞)

【めざせ!ネイル美人】真冬もキラキラ(産経新聞)

 今回のネイルは真冬をイメージして真っ白にしてもらいました。もちろん光りモノが好きなのでキラキラも忘れずに。

 まず、透明のジェルを爪(つめ)全体に塗り、次に白のジェルをグラデーションにして塗っていきます。グラデーションとは、先端から根元にかけて、ぼやかす塗り方のことをいうそうですが、爪が伸びてきても違和感がないので人気だそうです。

 白も真っ白のジェルにパールとラメを混ぜたオリジナルを作成。その白を2回塗り、シルバーのラメをかけ、さらにホログラムを上からのせてベースは出来上がり。これだけでも十分キラキラですが、さらに雪の結晶パーツを根元に散らせ、中指だけはパールや大小のラインストーンをおいて一点豪華主義で派手に。

 いやぁ、手間ひまかかっていますね〜。所要時間約2時間。爪が奇麗になったので、手のお手入れもきちんとしなければ。この季節は乾燥するので、こまめにクリームを塗ることにします。

 前回は真っ赤なネイルで見る人を驚かせてしまいました。特に男性陣にはおおむね不評(笑)。

 「男性ってあまり派手すぎる爪は苦手みたい。でも女性はキラキラしているのを好む人が多いですね」

 たしかに服でもそうだなぁ。ファッション誌に「男ウケする服、女ウケする服」なんて特集もあったっけ。

 今回は、どうしても冬のイメージにしたかったので、予約時に「雪の結晶のパーツはありますか?」と聞いたため、前もって仕入れておいてくれたとのこと。光モノが入っているとはいえ、白で上品だから、周りの反応もよいのではないかと期待しつつ、様子をうかがうことにします。(杉山みどり)

                   ◇

 「装を楽しむ」次回は2月2日に掲載します。 

<豊浦町長選>新人と現職が届け出 北海道(毎日新聞)
<将棋>久保が羽生破る 王将戦第1局(毎日新聞)
空き巣後に家人に鉢合わせて刃物  事後強盗容疑で男逮捕 新宿署(産経新聞)
村越議員たった一人の反乱 「小沢幹事長辞任せよ」(J-CASTニュース)
「のぞみ」を退く新幹線車両500系のバームクーヘン、20日から発売(産経新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。